不動産投資

低金利と年金不安を背景に、新たな資金運用先として注目されている不動産投資。金融機関の預金や貯金にほとんど利子が付かない低金利の時代が続く中、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンな資産運用先の一つとして人気を集めています。

不動産投資には購入する不動産物件を担保に資金調達できるという特徴があり、必ずしもまとまった自己資金を必要としないこと、空室がない限り毎月安定的な収入を得ることができることなどから、退職金の運用先としても今注目を浴びています。

また、不動産管理会社に入退去等の管理を委託できることから、会社員を続けながら手軽に不動産投資を始める「サラリーマン大家さん」も増えています。

不動産投資とは?

不動産投資とは、利益を得る目的で不動産事業に資金を投入することをいいます。具体的には、購入した不動産を貸すことで得られる賃料収入の利益(インカムゲイン)と、その不動産を購入した金額以上の金額で売却することで得られる利益(キャピタルゲイン)の2つの利益に期待して投資を行なうのが不動産投資です。

近年の主流として不動産投資は、毎月安定して入ってくる賃料収入(インカムゲイン)に期待し、長期的な視点から行なわれています。


不動産投資のメリット

  1. 入居者が確保できれば、毎月安定収入が得られる
  2. 場合によっては売却益がでることがある
  3. 自分が事業へ積極的に関与することにより収益を上げることができる
  4. 自己資金が少なくても、投資する不動産及びそこから得られる収益を担保にお金を借りることができる
  5. 家賃収入に対する税金(所得税)と不動産を所有している人が亡くなったときに課せられる可能性のある相続税の2つについて税制上のメリットを受けられる場合がある
  6. 自宅と離れていても、入退去など不動産会社(管理会社)へ委託できるのでサラリーマンを続けながらの経営ができる

不動産投資のリスク

  1. 長期空室により予定の賃料収入が得られない
  2. 賃料の滞納がある
  3. 修繕コスト、管理コストが発生する
  4. 地価の下落により資産価値が下がる
  5. 現金が必要になったときにすぐに現金化できない

安心して賃貸経営するには信頼できるパートナー(不動産会社)選びが大切です。不動産投資物件(収益物件)、アパート・マンション・事業用物件など不動産・賃貸経営のことなら経験豊富な桂不動産グループへお任せください!

当グループの専門スタッフが購入から経営までお客様一人一人の疑問・質問・不安にお応えし、お客様のご紹介から物件の管理、収支報告、退去清算までトータルサポートし、オーナー様の賃貸経営のお手伝いをさせていただきます。

不動産投資がおすすめの理由

不動産は賃料の下落や空室などにより予定していた収入が見込めない場合や不動産の価格が下落してしまったり、場合によっては地震などによって建物が倒壊してしまうリスク、すなわち危険性を伴っていますが、基本的には土地がある限り価値がゼロになるという可能性は極めて低いといえるため、不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資商品といえます。


不動産投資物件を購入するまでの流れ

1.物件の情報の提供(ウェブサイト・販売図面・収支予測)

物件の情報収集
当社ウェブサイトで随時公開しております。

当社窓口では、市場に出ている不動産投資物件の物件概要書・販売図面などをお取り寄せし、お客様へご提供しております。利回りや空室率等のご質問にはその場でお調べいたします。また、不動産管理システムからのリスト提供もいたしますのでお気軽にお立ち寄りください。

2.現地確認・内見

専門スタッフが現地へご案内いたしますので、周辺の環境や建物、敷地をご確認ください。
ご覧いただきました物件に空室がある場合は内見も可能ですのでお気軽にお声をかけてください。

3.買付証明書の提出

物件が決まったら売主へ購入の意思を明確にするための書面『買付証明書』を提出します。 特約条件等の希望事項がある際はその旨明記します。

買付証明書の提出に伴い当社スタッフが書類をもとにに売主(または売主側の媒介業者)との価格交渉や契約の段取り、お客様が融資の申込みをする金融機関への確認などを行い、担当スタッフよりお客様へ契約時に必要な書類をご連絡いたします。

4.重要事項の説明、売買契約の締結

必要書類を準備していただき契約締結のため窓口までご来店ください。まずは設備や法律関連(権利等)が記載されている『重要事項の説明』を受けます。重要事項の説明は宅地建物取引主任者から受けます。その際、不明な点、疑問な点は必ず質問しましょう。

契約内容に納得したら媒介契約書に署名捺印し、手付金(売買代金の5%~10%程度が通例)を支払います。この時点で売買契約成立です (一部例外の契約形態あり)。支払った手付金は売買代金の一部ではなく、決済時に売買代金に充当されます。

5.融資の申込み

売買契約後の融資の申込みで正式に金融機関による審査が始まります。
融資が指定期日までに承認されなかった場合には、売買契約を解除することができます。

6.中間金の支払い

契約書に定めがある場合は中間金を支払います(定めがない場合は必要ありません)。
中間金は売買代金の一部に充当されます。

7.残金の支払い

売買代金の残金を支払います。残金は売買代金から手付金、中間金を差し引いた金額です。
融資を利用する場合にはその前の時点で、金融機関との間で金銭消費貸借契約を締結します。

残金決済と同時に所有権移転登記申請の手続(司法書士へ依頼)や、諸費用(固定資産税・都市計画税・管理費・修繕積立金など)
の清算、当社(媒介業者)・司法書士へ手数料を支払います。これで取引が完了です。

※当社への手数料は、 契約時ではなく取引完了時となります。
※登記が完了しますと買主様名義の登記済権利証をお渡しします。権利証は再発行ができませんのでお手元で大切に保管してください。万一紛失した場合、次回売買する時に面倒な手続きが必要となりますのでご注意ください。

8.物件の引渡し

建物(区分所有含む)の場合は引渡しとして当社窓口にて鍵をお受け取りいただきます。スタッフが事前に不備がないかどうかのチェックをしていますのでご安心ください。

9.いよいよ賃貸経営

いよいよオーナーとしてのお仕事が開始です。

入居者の募集、物件のメンテナンスや管理、入退去や敷金の清算、毎月の収支明細報告、年間収支報告まで桂不動産ではグループ全体でお客様の賃貸経営をトータルサポートいたします。(※但し委託契約内容によります)

当社ウェブサイトに掲載されていない不動産投資物件が多数ございます。ご希望の場所や購入代金、利回りなどご要望・ご質問がございましたら下記フォームにご記入の上、[送信する]をクリックしてください。

希望物件リクエストはこちら

現在の登録物件数

ただいまの掲載物件数
1351

  • 一般公開1348
  • 会員公開 3

無料会員登録をする